愛し合っている夫婦でも、また、血を分けた家族でも、それぞれに個性があるので、好みが違えば考え方も違います。



生き方も違えば 振舞い方も違います。
大切にしたい思いや どーでもいい事も違います(^^;

 

「お互いに思いやりを持って 共に生きていく」
これが鉄則ではありますが、あなた自身の心にフタをしては 意味がありません。

 

あなたも家族も、それぞれの思いを大切にしてこそ、真の良い関係が築けます。
現状から目をそらしたり、文句ばかり言っていても何も変わりません。

 

「うちの主人は・・・」
「うちの子ったら・・・」
「なんで私だけ・・・」

 

そんな言葉が出たら一先ず考えてみましょう。

 

「なんで主人は こんな事するんだろう?」
「どうしてうちの子は こんな事を言うのかな??」
「何故、私だけ こんなめに遭うのかしら??」

 

 

ひとつひとつにちゃんと原因があるものです。

原因がわかると真の解決方法が解ってきます。

本当の意味での解決策とは、対処良法ではなく原因良法なのです。