自分の事は自分が一番よく知ってる・・・
でも解っているようで解っていないのが自分自身・・・

 

例えば、もし誰かに「あなたって自己中だよね」と言われたら、あなたはどう思いますか?
かなりヘコみますよね。。。
でも多くの場合、そう言った人の方が実は自己中だったりします。

 

なぜかというと、自己中な人は自分に併せてくれる人と仲良くなります。
だから、あなたがそうでなければ「自己中だ」と言うのです。



本当にあなたが自己中なのか、それとも他人に惑わされない芯の強さを持っているのか、どちらかは判りません。
この様な事って、実は日常生活でたくさんあるんですよ(゚∀゚)σ゙

 

 

◆子供の頃から親に言われ続けてきた言葉・・・

◆ちょっとしたケンカで、心にもない事を言ってしまった・言われてしまった・・・

◆入社して まだ緊張が取れていない時に 上司から言われた言葉などなど・・・

 

まずは自己分析をしてみましょう。今あなたが思っている『私ってこんな人』は本当は違うかもしれません。

トラウマがとれたり、意外な才能を発見したり。


そしてまだ生きがいが見付かっていないなら、一緒に見付けましょう。
悔いのない素晴らしい人生を築くために(^∇^)